ホーム > 会社情報 > 環境保護 > ISO認証取得


環境保護トップ

環境保全

ISO認証取得

環境活動

パイオニア環境保護ページ
 ■ISO認証取得
地球環境問題は「国連環境開発会議」・通称「地球サミット」として、冷戦後の1992年に未曾有の規模でブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開かれました。環境問題がいかに多くの人々にとって切実な問題かを示しました。従来の「開発至上主義」に対して「持続可能な発展」がスローガンとして掲げられ、「環境と開発に関するリオ・デ・ジャネイロ宣言」「森林に関する原則声明」が採択されました。また、「地球温暖化防止条約」、「生物多様性条約」も調印されました。
パイオニアグループではコーポレートガバナンスを強化し、遵法はもとより倫理性や環境問題などの「社会的責任」に主体的取り組んでいます。 特に環境保護については1992年より、社則に理念を取り込みました。 企業にとって最も大切なのはお客様です。 世界的に行っている生産・販売活動の中で、年一回「世界環境会議」開催し、情報と取り組みの共有化を図っています。 環境問題などに対する「社会的責任」は、もはや社会から要求される責任というよりも、企業の本来業務として位置付けております。

パイオニア・マイクロ・テクノロジー株式会社は、環境マネジメントシステムISO14001を、1998年7月28日に認証取得し、グループ理念に基づいて、「持続可能な発展」というグローバルな理念のもと、環境汚染の防止、省資源・省エネルギーなどに強力に取り組むと共に地球規模の自然保護活動などへの支援・協力も積極的に行っていきたいと思っています。
パイオニア環境マーク